21九龍半島/ユンチュン古道トレイル
                下花山(Ha Fa Shan)から田夫仔(Tin Fu Tsai)、清快塘(Tsing Fai Tong)そして焼きガチョウの街深井(Sham Tseng)への道

     2004年4月11日(日)。久々にトレイル「歩き」(笑)。コースは、MTRで TSUEN灣まで行き、そこからバスで港安病院前まで移動。
     病院の前が今回のトレイルコースの入り口。

           

            チュンワンMTR前            駅前のバス停から39M号で移動          港安病院前で下車

                        見にくいけど本日のコース

             

     病院前にある階段からスタート30分ほど登り        振り向けば大帽山が見える          途中からユンチュン古道の入り口へ

            チュンワンの街を見下ろす

               古道から、まずは、下花山を目指してGO                         

            

      手前がチンガウ橋。向こうが青馬大橋。香港マラソンでも走るところ。                石龍山を右手に見ながら、下っていく

                

                                 ずーっと向こうにキャッスルピークが見える

             

       日陰の小径を抜けると田夫仔キャンプ場に到着。でも、横切って、清快塘村へ

 

                

    たった一軒の村。茶店開いていました。店の真ん中にはいやに大きな冷蔵庫あり。          しばらくして、左手「深井」へ

          

          滝(右下)を見ながら、     そして、野牛(上方茶色と黒の点)ににらまれながら、いよいよゴールの深井の街へ

          

       清快塘新村が見えたら本日のトレイルのゴール。そして、階段を下りて、焼きガチョウ屋へ(裕記大飯店は香港で有名な店))              

                          でた〜っ!!!焼きガチョウ!これがまた美味

 

          

         ガチョウをお腹いっぱい食べた後は、デザート。深井村バス停横にある店でこれも有名ドリアンクレープを注文。

         ・・・・・と、言う感じで歩きは3時間半ほど。ガチョウと冷たいビールをひたすら頭に思い浮かべながら歩いたユンチュン古道でした。